福島拓哉監督『モダン・ラブ』がドイツ・ハンブルク日本映画祭にて上映!

2018年初夏公開予定の福島拓哉監督『モダン・ラブ』が、ハンブルク日本映画祭にて上映されることになりました。
https://natalie.mu/eiga/news/269997

ハンブルク日本映画祭は5/23から5/27まで開催。福島監督も現地入り予定です。福島拓哉関連作品はハンブルク日本映画祭で8年連続の上映となります。

日本公開の続報は随時当サイトで紹介いたします。いましばらくお待ちください。

■作品概要
『モダン・ラブ』
115min/4K/DCP/2017/日本語、英語、スペイン語
出演:稲村梓、高橋卓郎、芳野正朝、今村怜央、佐藤睦、ヤン・イメリック、川瀬陽太、町山博彦、大木雄高、園部貴一、草野康太
脚本・監督:福島拓哉
プロデューサー:本井貞成、岩本光弘、福島拓哉
撮影監督:木村和行
撮影:難波俊三、川口紘
照明:高橋拓
サウンドディレクター:田中秀樹
美術:安藤秀敏、菊地実幸
衣装:森美幸、増渕麻衣
ヘアメイク:榎本愛子
助監督:渡辺イチ
制作主任:板部文
音楽:トルコ石、河原弘幸(floating mosque)
配給・宣伝:Tokyo New Cinema
協賛:メディックメディア、PARIBAR
製作:P-kraft、ラフター