Fukushima Takuya

11639608_974040325968935_896740008_o (1)

福島拓哉
TAKUYA FUKUSHIMA
1972/9/19・埼玉県出身(創設メンバー)

日本映画監督協会会員

92年名古屋大学文学部在学中より多数の映像作品を発表。また数多くの上映イベントに携わり、学生ながら名古屋のインディペンデント映画業界での中心的存在の一人として活動。96年3月には映像個展「映画最前線」を開催。

様々な映画制作現場を見学した後、96年4月より東京に居を移し石井岳龍(聰亙)監督作品『ユメノ銀河』に演出助手として参加。同年10月、自らの映像表現を可能にする場を求め、クリエイターユニットP-kraftを設立、代表に就任し以後活動の拠点とする。

演出家・カメラマン・俳優・デザイナー・プログラマー・音楽家など異分野の個性が集う集団へと成長したP-kraft制作で作品を発表し続け、国内外の映画祭で様々な作品が高い評価を得る。

監督・主演短編『JAM』の水戸短編映像祭での審査員奨励賞受賞を契機に出資を募り、劇場用長編デビュー作『PRISM』を脚本・監督。01年にシネマアートン下北沢でレイトショー公開された『PRISM』は同劇場のレイト枠での観客動員記録を樹立、翌02年に新人としては異例となるGWロードショー公開へと発展。ソウル国際クィアフィルム映画祭や日本・北欧ニューシネマ映画祭など海外でも高く評価され、インディペンデントの金字塔、と話題をさらう。

03年、監督・主演作品『自由』が短編ながら劇場公開。タイ短編映画祭に招待され、04年には同映画祭国際コンペティション部門にて『the point(2,8,16)』が正式上映。

06年にはポレポレ東中野にて『クロス・ザ・レンズ~福島拓哉特集』と題した表題作含む監督作品計5本の特集上映が行われる。

07年、シネマアートン下北沢と若手監督の共同プロジェクト・over8に参加、第1弾として短編オムニバス『over8』(監督作『days of』収録)が公開。ヒットを記録しアンコール公開へと発展。9月末より公開されたプロジェクト第2弾となるオムニバス『裸 over8』にはアソシエイト・プロデューサーとして参加。
08年、第3弾となるオムニバス『女子女子 over8』エグゼクティブ・プロデューサーとして参加、09年3月シネマート六本木にて公開。

09年、『PRISM』以来8年ぶりとなるオリジナル劇場用長編『アワ・ブリーフ・エタニティ/OUR BRIEF ETERNITY』を監督・プロデュース。同年10月の第22回東京国際映画祭 日本映画・ある視点部門でワールドプレミア上映される。

10年、『アワ・ブリーフ・エタニティ』がドイツ、スペイン、ポーランド、カナダ、韓国など世界各国の映画祭で正式上映され、新宿K’s cinemaを皮切りに日本国内での公開開始。

11年、前年より引き続き『アワ・ブリーフ・エタニティ』全国主要都市公開。
脚本・監督したTVドラマ『SHIBUHARA GIRLS 2』(MTV、全12話)オンエア。

12年、『SHIBUHARA GIRLS 2』がアジア各国にてオンエア。『アワ・ブリーフ・エタニティ』DVDリリース。
また、オムニバス『ヴァージン』内の一篇『ゴージャス・プリンセス!』を監督し、全国公開及びDVDリリース。

13年、スピンオフ短編『SAYONARA BRIEF ETERNITY』がドイツ、『ヴァージン』がオランダの映画祭にて上映。

14年、プロデュース短編『水着妻』がドイツ・ハンブルク日本映画祭にて上映。

現在、新作劇場用長編企画準備中。

映画の他にもTV・CM・PV・ゲームなど様々な映像の演出家として活動する傍ら、俳優としても
国内外で評価され出演作が続いている。さらに文筆家としても活動中。
近年はその実績から、主に演技指導に焦点を当てたワークショップ講師としての活動
も多い。
また、映画・映像作品と連動した企画イベントプロデュースも数多く手掛けている。

 

主な監督作品

【映画】
『TIME IS ON MY SIDE』(1997/監督・脚本・音楽・出演)
ぴあフィルムフェスティバル入選
『世界の終わりはあなたと一緒に』(1999/監督・脚本)
みちのく国際ミステリー映画祭オフシアター部門上映ほか
『JAM』(1999/監督・脚本・主演)
水戸短編映像祭審査員奨励賞、PJ映像祭ベストキャラクター賞ほか
『PRISM』(2001/監督・脚本、劇場公開作品)
ソウル国際クィアフィルム映画祭招待、日本・北欧ニューシネマ映画祭招待ほか
『自由』(2003/監督・脚本・主演、劇場公開作品)
タイ短編映画祭招待ほか
『the point(2,8,16)』(2004/監督・脚本、劇場公開作品)
タイ短編映画祭国際コンペティション部門正式上映、ゆうばり国際ファインタスティック映画祭フォーラム部門上映
『クロス・ザ・レンズ』(2005/監督・撮影・編集、劇場公開作品)
『days of』(2006/監督・原作・脚本、オムニバス『over8』内収録、劇場公開作品)
『アワ・ブリーフ・エタニティ/OUR BRIEF ETERNITY』(2009/監督・脚本・プロデュース、劇場公開作品)
東京国際映画祭日本映画、フランクフルト・ニッポンコネクション、バルセロナ・アジア映画祭ほか
『ゴージャス・プリンセス!』(2012/監督、オムニバス『ヴァージン』内収録、劇場公開作品)
オランダ・カメラジャパンフェスティバル上映
『SAYONARA BRIEF ETERNITY』(2012/監督・脚本・撮影)
ハンブルク日本映画祭上映

【その他】
『オアシズ(光浦靖子・大久保佳代子)・負担』(1999/ ライブ用PV)
『オアシズ・ゴールデンチャイルド』(2001/ ライブ用PV)
『オアシズ・厄除けオリンピック』(2004/ ライブ用PV)
『ダニーと紺碧の海』(2004/演劇作品/脚色・演出・VJ/D・R・W)
『バル』(2007/演劇作品/演出/ビジュアル・エンターテイメント)
『i-nos/woorld goes round』(2009/PV/BLUE MUSIC ENTERTAINMENT)
『ちいバス/関西編・北陸編(2009/ドキュメンタリー/経済産業省)
『Dying message/愛終』(2010/監修/PV/LOST CHILD RECORDS)
『キャリルーノ/別れ話編・ハイテンション編』(2011/CM/ホームアドバイザー)
『SHIBUHARA GIRLS 2』(2011/TVドラマ/MTV JAPAN)
『まちのたね』(2012/ドキュメンタリー/BSフジ)
『中山路子インタビュー』(2013/ドキュメンタリー/伊勢丹)
『Olympia Le Tanインタビュー』(2013/ドキュメンタリー/伊勢丹)
『プロダクション花城/朝日編』(2013/webCM/プロダクション花城)
『カブドットコム証券 女子割編・初めて編』(2013/CM/カブドットコム証 券)
『カブドットコム証券 NISA編/手数料編』(2014/CM/カブドットコム証券)
『cookbooth/Tokyo』(2014/PV/cookbooth(Spain))
『DAY ONEストーリー HOME,2014編/ありがとう篇』(2014/webCM/ジブラルタ生命)

※他、TV・CM・VPなど演出作品多数あり

【執筆】
『福島監督 無責任映画論』(コラム連載/2001~2003/RADIO POWER PROJECTサイト)
『福島監督 勝手に観やがれ・蹴球映画論』(浦和レッズ情報誌「月刊REDS系」コラ
ム連載/2004年12月連載終了)
『シアワセの設計』(ブライダル情報誌「けっこんぴあ」東海版コラム連載/2006年連載終了)
『自由』(詩写真集/2003:オリジナル版、2004:DVD発売記念特別版)
『監督 福島拓哉』(書籍/2006/OFFICE OZI発行/福島拓哉の特集本)
『ドリフティング・イノベーション』(小説連載/2007~/P-kraftサイト)
『シュート!〜蒼き挑戦〜』(ゲームシナリオ協力/2013/menue)

※この他、漫画原作、ゲームシナリオ等文筆作品多数あり

主な出演作品

98年『Ethica/エチカ』(大原重光監督、劇場公開作品)
02年『Diver』(主演、上倉栄治監督)
03年『バカブロッサム!馬鹿風呂』(出演・楽曲提供、泉常夫監督、劇場公開作品)
05年『ビタースイート』(女池充監督、劇場公開作品)
05年『Spica』(主演、白川幸司監督)
05年『東京失格』(主演、井川広太郎監督、劇場公開作品)
06年『映画監督って何だ!』(伊藤俊也監督、劇場公開作品、日本映画監督協会70周年記念作品)
07年『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』(若松孝二監督、劇場公開作品)
07年『電波大戦』(加賀賢三監督、劇場公開作品)
08年『人間爆発』(花くまゆうさく監督)
12年『ウィーウィルの蜜のジュース』(蔭山周監督、劇場公開作品)
12年『The John’s Guerrilla/PHASE ONE』(宇賀那健一監督)
13年『それでも世界が続くなら/参加賞』(藤井健監督)
※監督作を除く
※この他、映画・TV・CFなど多数あり
※俳優業のみマネージメントをプロダクション花城に委託

http://productionhanashiro.com/